相続人の調査だけでなく、相続手続きに必要な戸籍謄本の取り寄せも同時に完了できます!
相続人とは
相続人とは?
相続人はどう決まる?
相続人の範囲
相続人の調査の仕方
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
戸籍類取り寄せの方法
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄の仕方
当サイトご利用について
サイトマップ
当行政書士事務所概要
お申込みについて
お申込み前の注意事項
お申込み方法



  相続人の範囲 : 相続人の範囲が一目でわかります。
家族や身内が相続人になりますが、範囲と優先順位が決まっています。

ここでいう相続人とは、法定相続人のことです。

法定相続人としたのは、遺言で受遺者となる者と区別する意味があります。

遺言状があれば、それが最優先されるからです。

以下は、遺言状がない場合とお考えください。

■ 相続人としては、

 第1順位に子供

 第2順位に両親

 第3順位に兄弟姉妹

配偶者 (亡くなった人から見て 夫 または 妻 の事です。)は、常に相続人となります。

そして、第1順位である子供がいれば、妻と子供が相続人となります。

第1順位である子供・孫・ひ孫以下が全くいない時に、第2順位である両親などが相続人となります。両親より上の人達もいない時には、第3順位である兄弟姉妹が相続人となります。

つまり、違う順位の相続人が、同時に相続人にはならないということです。
例えば、

・ 亡くなった人に子供がいれば、両親や兄弟姉妹は相続人になりえません。
・ 亡くなった人に子供がなく、両親・祖父母も含めて上の人も全て亡くなっている場合は、兄弟姉妹が相続人になります。

■ では、もっと複雑な関係の場合を見ていきましょう

 例えば、

・ 胎内に子供がいる時に相続が発生した場合、その胎児も相続人となります。

養子は法定相続人となります。

・ 愛人(内縁)との間の子供で、認知した子供は法定相続人になります。

愛人(内縁)は、法定相続人になりません。

・ 以前の配偶者の連れ子も、今の配偶者の連れ子も法定相続人になりません。

義理の父母や義理の兄弟姉妹は、法定相続人になりません。
というようなこともふまえた上で、故人 (亡くなった人) と 相続人全ての戸籍謄本類から相続人を判断しないといけません。

当サイトでは、これら相続人全ての戸籍謄本類の取寄せ代行 と 国家資格である相続専門の行政書士が相続人を戸籍謄本類から判断して、相続人が一目でわかる相続関係説明図の作成を業務と致しております。

さらに、相続に関するメール相談も実施しておりますので、ぜひご利用下さい。

相続人が確実にわかり、相続手続をスムーズに進めるその方法とは?
〜自宅に居ながら 相続人の調査・確定と、戸籍謄本の取り寄せが完了!〜
相続人 トップへ

ページ 内 容 一 覧
相続人とは
相続人とは?相続人はどう決まる?相続人の範囲相続人の調査の仕方相続人は本当に1人?相続関係説明図とは戸籍類取り寄せの方法

実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄の仕方

当サイトご利用について
サイトマップ

戸籍謄本取り寄せと相続人の調査・確定の代行 お申込みについて
お申込み前の注意事項代行 お申し込みはこちらから
郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
相続人とは!
Copyright (C) 2005 自宅に居ながら 相続人の調査・確定と 戸籍謄本の取り寄せが完了ALLRightsReserved