相続人の調査だけでなく、相続手続きに必要な戸籍謄本の取り寄せも同時に完了できます!
相続人とは
相続人とは?
相続人はどう決まる?
相続人の範囲
相続人の調査の仕方
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
戸籍類取り寄せの方法
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄の仕方
当サイトご利用について
サイトマップ
当行政書士事務所概要
お申込みについて
お申込み前の注意事項
お申込み方法
  相続人はどう決まる?
相続人は、相続人と思われる家族や親戚同士で、話し合って決まるものではありません。

まず、故人(亡くなった人)の全ての戸籍謄本類 (戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍) を取得してから、相続人となりえる人をその全ての戸籍謄本類から見極めて行きます。

そして、相続人全員の戸籍謄本類 と 戸籍の附票 を取得して行き、故人(亡くなった人)と相続人の関係を、取得した戸籍謄本類から判断した上で相続人を確定する事になります。

この時、亡くなった人と相続人の関係を、系譜のような図 (相続関係説明図といいます。) で表わすと、確定した相続人が一目でわかるようになります。

この相続関係説明図を見ながら、確定した相続人同士で、遺産分割の話し合いをしていくことになります。

もし、戸籍謄本類を調査せず、相続人と思われる家族または親戚同士との間で話し合いをした後で、預貯金や土地、建物や自動車の名義変更をする時に、戸籍謄本類を全て調べられますので、その時に、あらたにわかった相続人が出てくると、話し合いから全てやり直しとなります。

つまり、相続による全ての機関の名義変更をするには、戸籍謄本類を提出して、その戸籍謄本類によって相続人であることを証明しないとできないのです。

当サイトでは、これら相続手続きに必要な戸籍謄本類の取寄せ および 相続人の調査確定の代行 を致しております。

さらに、取寄せた戸籍謄本類によって、確定した相続人が一目でわかる相続関係説明図 と 相続人一覧表 も同時に作成致しておりますので、ぜひご利用下さい。

相続人が確実にわかり、相続手続をスムーズに進めるその方法とは?
〜自宅に居ながら 相続人の調査・確定と、戸籍謄本の取り寄せが完了!〜
相続人 トップへ

ページ 内 容 一 覧
相続人とは
相続人とは?相続人はどう決まる?相続人の範囲相続人の調査の仕方相続人は本当に1人?相続関係説明図とは戸籍類取り寄せの方法

実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄の仕方

当サイトご利用について
サイトマップ

戸籍謄本取り寄せと相続人の調査・確定の代行 お申込みについて
お申込み前の注意事項代行 お申し込みはこちらから
郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法
当サイト内の内容・デザイン・文章の無断複製を禁止します。
相続人とは!
Copyright (C) 2005 自宅に居ながら 相続人の調査・確定と 戸籍謄本の取り寄せが完了ALLRightsReserved